耐性MITSUI菌耐性MITSUI菌とは?

地球を救うバイオオーグメンテーション

地球を救うバイオテクノロジー 耐性MITSUI菌

私達の耐性MITSUI菌は水質浄化や土壌改良に効果があるだけではなく、そういった重度の汚染に対しても効果を発揮し、浄化の方向へ導く力がある、ということが研究の結果、明らかになってまいりました。

耐性MITSUI菌の有益な特性を最大限に活かすことで、地球上の様々な環境問題を改善できるものと信じています。
そして私達は、未来の世代に美しい地球と、自然と共存する豊かな暮らしを創り出すために、日々研究を行っています。

耐性MITSUI菌とは?

当社が2004年に渡り鳥の糞から発見し開発した有用微生物で、「耐性MITSUI菌」(商標登録済)と命名しました。人体はもちろん動植物や魚介類に対しても全くの無害で、むしろ元気にしてくれる良性バクテリアです。耐性MITSUI菌は、有機物や多くの有害物質を分解し、それを栄養源として体内に取り入れ増殖することで、消化酵素と細胞分裂阻害物を体外に分泌させる働きがあります。また、抗菌成分と3,000種もの体外酵素が土壌や水質の悪化を防ぎ、農地の土壌改良・水質浄化・除菌消臭対策に多くの分野でご利用いただいております。

耐性MITSUI菌 4つの特長

耐性MITSUI菌の働きによって様々な環境・分野で改善効果が見込めます。

耐性MITSUI菌 開発・導入実績

現在に至る

ページトップへ