• 適用実績臭気対策用 自動制御脱臭装置

  • 2009/06/17
除菌・脱臭・洗浄
デオドライザーシステム102型

用途:大型ゴミ収集場・食品加工場・合併層・大型生ゴミ処理機
効果:空気浄化・脱臭・消臭・防カビ・拮抗作用

システム概要特許 第1739131号

  • デオドライザーシステム102型 自動散布装置「総合臭気処理システム」

    JR西日本京都駅ビル(B3)空き缶プレス場・大阪駅ゴミ集積場などに設置

  • 自動散布装置「デオドライザーシステム102」は、稼動時刻及び散布時間(秒)の設定が可能で専用液剤を微霧散布(平均粒径60μ)させる事により、臭気物質を即効分解し、消臭効果を持続します。

    効果: 空気浄化・脱臭・消臭・防カビ・拮抗作用
    用途: 大型ゴミ集積場 食品加工場 合併槽 大型生ゴミ処理機 大型空調フィンコイル室(客室用)・・・他

主要構成詳細

  • 外形
    700×500×300 噴射ノズル3本 ホース10m
    ノズル
    微霧発生極小噴量形
    ポンプ
    定格(単相)50/60m×60�/h
    噴角80°
    平均粒径60μ
    出力0.1kw
    口径10A
  • 容量
    10L (専用タンク)
    運転
    個別のタイマーを搭載する事により様々な状況に応じた運転モードへ切り替えが可能です。
    自動運転: 24時間タイマーによる運転 手動運転: ON/OFFの切替えによる運転
    消臭液
    バイオジュピターDS400
    対象
    1)流入槽 2)曝気層 トイレ・ゴミ集積所・汚水槽等

ページトップへ